代表者メッセージ

代表者顔写真

私の曾祖父の代から金光教の教師で、私で四代目。この豊中市庄内の地には、昭和21年(1946年)2月に移り住み、以来家族で営んでいます。

教会というと宗教儀式・集会が連想されると思います。確かに神主さんの恰好をして祭事を仕える日もありますが、通常は悩み苦しみを抱えて来られた方とこちらとの一対一の対話を基本としています。

その対話もこちらが何かを教えるというより(←求められたら助言はします)、来られた方の胸の内を聞くことが殆どです。何故なら、ここに足を運ばれる方は、往々にして「他人の意見」や「答え」は求めておらず、持っていき場のない怒り・絶望感をなんとかしたい(=聞いてもらいたい)場合が多いからです。通常、1時間から2時間じっくりと胸の内にあるものを吐き出すことで憑りつかれたような心の重さは軽減され、ご自分で気持ちの整理をなされています。こちらができるのは、そのお手伝いであり、そのような対話を心掛けています。

つまり、当教会の願いは来られた方が「お話しできて良かった」と思って頂けること、目的は目の前の方の心の助かりに尽きます。とにかくストレスが一番いけない。

このような教会ですから、参拝者の約半数が家は仏教です(←宗教心の有無・宗派は問わないということ)。

従って、たとえ苦しみの原因が来られた方にあったとしても、またたとえ犯罪を犯したとしても、こちらが是非を述べることはありません。

最後に、お金と入信について。何故かよく聞かれるからです。

お金に関しては「お問い合わせ」の「費用について」にも記載していますが「ぜひお供えさせて下さい」と申し出られたら受け取りってお供えさせて頂きますが、こちらが自分の役割に奉仕している以上、こちらから求めることは決してありませんし「払わないといけないか」と思わせるような雰囲気もありません。話が済んだと思えば、自由に席を立って帰って下さい。

次に入信ですが、これも他の宗教のイメージが強すぎるせいか「入信」のことについてよく聞かれます。この教会では他宗教であるような入信を求めることもありません。何故なら、そもそも信仰は将来にわたって約束できるものではなく、また束縛・強制するものでもないからです。こちらの姿勢は、来るもの拒まず、去る者を追わずです。

なお、当教会では心のケアを目的としている以上、金銭や生活そのものの相談は受け付けておりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする