どういう場所で話をするの?

お広前(写真1)

建物に入られたら正面がお祈りする場所「お広前(おひろまえ)」になっています(写真1)。

もし、お祈りされる場合は、正面が神前になっていますので、神前に向かって一礼をし、4回拍手してからお祈りをしてください。(←作法は求めませんが、ここの作法を念のため紹介)

お祈りの必要がない・したくない場合、話・相談だけしたい場合は、そのまま写真1の右側のお結界(おけっかい)の手前の椅子に座って下さい。そこで応対させて頂きます。

お結界(写真2)

手前が参拝者、衝立(ついたて=お結界)の奥が私です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする